2012/04/10

ALTAISKI HOK Review 01



スキーシューイングって言葉、聞いた事ありますか?
流行る前なので今は造語的扱いが強いようですが
スノーシューの登攀力とクロカンスキーの走破性を足して2で割ったような感じのイメージ。
スキーシューとは「小回り効いて登れるスキーを楽しむ行為」という海外レビューを見て

これ冬の南アルプスや八ヶ岳の樹林帯歩きに面白くないか?
ということでALTAI SKIのHOKを取り寄せてみました。

HOKは太めのスキー板に中央部分のみに絨毯のような素材を使い
登っている時は逆目になり板が止まりやすく
下っている時は順目になって滑りやすく、と作られた新しいスキー

125mmと145mmの2種の長さから選べ
ビンディングを山靴で行けるユニーバーサルとテレマークブーツ用の3pinから
選ぶ事ができます。僕が購入した時はunivビンディングが売り切れだったのですが
後日ネゴって一個中古品を送ってもらった次第。ラッキーでした。ありがとうNilsさん!

と、いうわけで今手元にあるのは
145mm×3pin
125mm×Universal Binding のセット。(ねじ式なので簡単に取り外し、交換可能)

僕はまだ行けてないのですがウチの小峯くんとJeffが今週末滑って来たようなので
動画をUPしてみます。

Using HOK125mm×Universal Binding 

今週末はこの季節では珍しい程のパウダースノーだったようで
スノーシューじゃ沈んでしまうような箇所でも125mmでガスガス入っていけた様子。
アルペンスキーに比べたらスピードは出にくく、スリリングさを楽しむには少し物足りないけど
下山時用と考えたら高速道路なみ、最高に速い!と感想が届いてます。

■スペック■
スキー本体
・HOK125 mm         1枚991g(ペア1982g)

ビンディング(どちらかを選ぶ)
Universal Binding  1足535g(ペア1070g)
・3pin  Binding    1足245g(ペア490g)


積極的かつ気兼ねなく普段の山行にスキーを取り入れられるスペック。
これはちょっと面白いのではないでしょうか?

僕も今週の屋久島ハイキングが終わったら滑りに行きます。
ALTAI SKIに関しては引き続きここで新しい情報を発表して行けたらと思ってます。
ちょっとわくわくする道具、今後も紹介していきますー。

登って降りて、解りやすい動画はこれでしょうか。
タノシソウ!

0 件のコメント:

コメントを投稿