2012/10/23

鎌倉ハイカーズミーティング vol,2




ウルトラライトハイキングの本当の姿ってどんなもの?


道具の奇抜さや目新しさに目がいきがちなムーブメントであるからこそ
実際にULスタイルでトレイルを歩くということをもっと深く伝えたい。
例えば便利と不便さを楽しむ境界線、日本の山事情に合わせた数々のTIPS、そしてもちろんリスク。



カルチャーとして認知されて来たね...と言われることもあるけれど
僕達はまだまだ伝えきれてない部分とまだ表面化していないムーブメントのかけらが
沢山散らばっているのが今のULアウトドアの現状なんだと感じています。

そんな熱い現状を伝えるべく
日本が誇るガレージブランド山と道さんの呼びかけによって
先輩であるHikers Depotさんと共にイベントを開催させて頂きます。


Moonlight Gearは
普段あまり見る機会のなさそうな道具を厳選しつつ
展示・試着&販売を行います。
(この道具が見てみたい!という要望があれば是非メールなどでご連絡下さい。)

そして今回は僕達なりの
ユニークな火気類の組み合わせの提案や、ごろ寝スタイルの紹介、
そしてバイヤー千代田解釈の”スピードハイクスタイル”の装備品の公開など
新しいかけらを惜しみなく公開予定です。


あの伝説の"スナフキンハイカー”BBさんのレクチャーや
自分の人生を変えてしまった「山より道具の寺澤さんに質問が出来たり
Hiker'sDepot / PCTハイカー長谷川さんのブログ記事の細かいディテールを直接聞ける機会です。
そしてウマミ組さんの料理もお酒も、昼間から楽しめます。
酔っぱらわないようにしないといけないですね....

とても楽しみな1日になりそうです。
以下詳細です。
是非、ご来場ください!


----------------------------------------------------------------
Kamakura Hiker's Meeting 2
「U.L.ハイクのABC」

日付:11月3日(土曜日)
時間:12:00~18:30

(入場時間制限12:00~16:00まで)
入場料:1500円
場所:たからの庭
アクセス:北鎌倉駅徒歩10分
http://takaranoniwa.com/about/#access


美味しい肴と日本酒を呑みながらハイキングカルチャーを楽しみましょう。

鎌倉トレイルの脇にある「たからの庭」で、第二回目の鎌倉ハイカーズミーティングを、ハイカーズデポ(ハイランドデザイン)、ムーンライトギア、山と道の三社共同で開催します。
テーマは「U.L.ハイクのABC」。
全国を回ってお客さんと接していると、U.L.ハイクやウルトラライトという考え方にとても興味を持たれている反面、実際に山で実践するまでにまだまだ大きな壁をお持ちの方が多くいらっしゃるようにも感じます。第二回鎌倉ハイカーズミーティングでは、ハイキングカルチャーに興味を持つ人を対象に、ハイカー同士が交流出来る、U.L.ハイクの入口にもなるようなイベントにしたいと考えています。

 イベントでは、三社が取り扱うU.L.道具の展示(一部販売)、U.L.ハイクの基礎的な講習から実践、そして、ハイク、バックパッキングの魅力の真髄とも言えるロングハイクの魅力について、アメリアの三大トレイルの一つPCT(パシフィック・クレスト・トレイル)のスルーハイクのスライドショーを楽しんでいただきます。

注意事項
 地面に敷くものなどよろしければご用意ください。
外で講演等を行いますので、地面に座って聞いていただきます。


お茶や水などのソフトドリンクは御持ち込みください。
会場ではお酒等の販売は行っておりますが、ソフトドリンクの販売を行っておりません。


ヘッドライトなどの明かりをお持ちください。
イベント終了時には真っ暗になります。帰る際に暗く歩きずらくなります。


*夜は寒くなります。ダウン、フリースなど暖かい服もご用意ください。 

駐車場はございません。お車でこられる際には駅近くのパーキングをご利用ください。
 

雨天中止となる事もございます。

各イベントの開催時間・内容は予告無く変更する事もございます。ご了承ください。

会場周辺はすばらしい鎌倉のハイキングコースがあります。ご一緒にハイクもお楽しみください。


出店:

Hiker's depot



Moonlight Gear


 


山と道







◆宿泊系基本講習 
14:00~14:40

タープ、シェルター、ビビィなど、
U.L.ハイクにかかせない宿泊系道具を実際に立ててみて、それぞれの特長を理解します。




* 対象者:これまでULシェルター類を使用したことがない方。宿泊系道具で新しい冒険をしてみたい方。テントは重くて山で泊まるなんてどうも…という方。
* 立てるコツを学ぶワークショップではありません。苦労して皆さんで立ててみる体験講習です。
* 体験出来る道具:ビビ、タープ、シェルター、ツェルト、テント



講師:細田"BB(ベーベー)"
2004年から2008年までアメリカサンフランシスコで暮らし
John Muir Trailも全行程を歩くなど、ハイカー「BB」としてU.L.ハイキングを早くから実践。
日本のハイカーの定番的な道具として使われるようになった
山用のサコッシュの原点となる「ハイカーズデポ ハイカーサコッシュ"BB"スタイル」の産みの親。





MYOG 自作アルコールストーブを作ろう 

12:00~16:00

 

火器系基本講座を行う「山より道具」ブースにて随時アルコールストーブを作るワークショップを開催しています。

* 一度に制作出来る人数が限られます。
* 制作時間30分~60分程
* 製作するストーブは、五徳不要のサイドバーナーを予定しています。
* 製作する際には材料(ロング缶1個)が必要になります。潰れのない空き缶をご持参下さい。その他の材料と工具の費用として100円ご負担願います。
* 燃焼テストを行う場合はお気に入りの湯沸かしカップお持ち下さい
* その他、各種ストーブを展示します。触って燃やして体験して下さい。
* なお、燃焼テストでは燃料費をご負担いただきます。
* 沸かしたお湯でコーヒーなど飲む方は各自でご用意願います。



講師:寺澤英明 a.k.a. ULG(山より道具)

山に行きたしヒマは無し..blog「山より道具」の人、ULGこと寺澤英明。
UL山道具の収集と自作の中でオリジナルアルコールストーブも多数作成し、ハイキングに実戦投入している。
20123月、ウルトラライトハイキングギア(山と渓谷社)を上梓。






 



U.L. ハイク基本講座
U.L.ハイク道具の選択肢は無数にあります。それぞれの道具の長所と短所を知り、適切に使う事で、より深く山を楽しむ事が出来ます。

火器系基本講座 16:00~16:30
アルコールストーブ、固形燃料、ウッドストーブ他

講師:寺澤英明 a.k.a. ULG(山より道具)



宿泊系基本講座 16:45~17:15
タープ、シェルター、ビビィ、U.L.系テント他
講師:細田"BBベーベー)"



PCT 4260kmスルーハイク ~ ロングハイクの魅力 ~
17:30~18:15



アメリカ3大トレイルの一つPCT(パシフィック・クレスト・トレイル)。メキシコ国境からはじまり、サウスカリフォルニア、JMTで有名なシエラ・ネヴァダ、ノースカリフォルニア、オレゴン、ワシントン、カナダ国境まで、北アメリカ大陸西海岸側を南北に連なる超大なトレイルです。砂漠地帯から山岳地帯、草原、火山、氷河まで様々に変化する自然、ハイカーとの出会い、5月間のスルーハイクで感じ得たロングハイクの魅力について話していただきます。


スピーカー:長谷川晋(Hiker’s Depot/ 2010PCTスルーハイカー)

1978年生。Hiker's Depot勤務で旅人を標榜する。
自転車で日本漫遊しアウトドアの遊びに開眼。その後点々と仕事を渡り歩き、スキー場や尾瀬の山小屋で働く。テレマークでも危ういバランスを楽しんだにも関わらず、結婚後もふらふら。2010年には仕事も放ってPacific Crest Trail をスルーハイクする。このままハイキングへの道を深めるのかと思ったのも束の間、スルーハイク中に出会ったパックラフティングに心奪われ、波の上をプカプカ。漂泊はまだ終わらない。



飲食ブース:ウマミ組(日本酒と肴)


 


「ウマミ組とは」
~日本酒と肴で もっと「ウマイ」を遊ぼう!~
ウマイお酒が好き!
ウマイごはんが好き!
ウマイがあれば幸せ気分!
ウマイ人生万歳!
そんなウマイもの好きが集まり、
みんなでたのしく「ウマミ」を探求する会です。

ウマミ組は「こだわりの日本酒」と「日本のソウルフード=肴」がテーマ。
日本酒は、今お勧めする選りすぐりをご用意。
肴は、産地から取り寄せた旬の魚介やお野菜と、発酵食などの創作手料理でおもてなしします。
日本酒:亀甲花菱純米大吟醸(埼玉)、根知男山(新潟)、木曽路醸し屋バカップル(長野)、黒牛赤ラベル(和歌山)予定
フード:佐島のタコ飯(土鍋を使ったライブ形式を行う予定)、おでん(鰯のつみれ、大根、卵、厚揚げ)、干物(イカ、サバほか相模湾の地物を使用予定)、クリームチーズのウマミ遊び、あと1品野菜料理を追加予定。


----------------------------------------------------------------










0 件のコメント:

コメントを投稿