2014/03/20

SixmoonDesigns Party & FusionPack Review

イベントのおしらせです。
この度SixmoonDesignsのRONが初来日します。
折角なので岩本町ショップでイベントを行い
日本のハイカーの皆様と交流できる場を設けることになりました。

今回はそちらの紹介とSMDの新しいバックパックの紹介です




---------------------------------------------------------------------------------------------------------
SixmoonDesigns...
彼らのGatewoodcapeとの出会いがなければ
Moonlightgearは存在しなかったかもしれない?

バイヤーとしてはそのくらい思い入れがあり
尊敬するメーカーであるSixmoonDesigns


この度話題の新しいバックパックを引っさげ
オーナーのRon Moakが初来日します。
折角なので岩本町ショップでイベントを行い
日本のハイカーの皆様と交流できる場を設けることになりました。

SixmoonDesignsParty!
---------------------
日時 3.21(金/春分の日)
場所 Moonlightgear 岩本町Shop
料金 無料
---------------------

17:00〜
New Fusion Pack review

18:00〜
Party Start!

当日は全く新しいバックパックFusion Packの紹介をRONからしてもらう予定です。ファーストロット分の先行予約も行います。

18時からは狭い店内ですが立食ビアパーティーを行います。
是非皆様お誘い合わせの上ご来場ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------



★Fusion Pack Review....
この春ロングハイク15kgを超える荷物を想定したザックFusion Packと
ベストタイプの軽量パックFlight Packが発売されます。

以下は今回RONが持ってきてくれるFusion Packの世界最速レビューを日本語化したものです。
フレームにこだわった造りは腰加重を意識しており、長期縦走やカメラ撮影の什器を携帯してのハイキングに大いに活用できそうなつくりになっている事が解ります。




SIX MOON DESIGNSより今年の新しいバックパックを紹介いたします。
Fusion Pack 50Lと65Lの2種類です。
今回のデザインは2人の考えが1つになったものです。

1人はSMDのオーナーのRON MORK





















もう一人は元ULABrian Frankleです。




















20年以上のバックパックデザイン経験がある二人の考えを合わせたら素晴らしいパックができ、今回ご紹介に至りました。

今回のバックパックはユニークなシステムになっています。
ウルトラライトを使う人はまずいろいろなギアをそろえてからバックパックを買います。その時快適に背負うための重さは何キロか…? 今、ウルトラライト市場ではたくさんの商品がでていますが、そういった事を考えるとFusion Packはリミットを考えなくても大丈夫。それでいて長時間背負っていても快適。そして乱暴に扱っても大丈夫なようにタフに作られています。

FusionPackは今までのパックよりほんの少し重いですが、バッグ部分にたくさんのギアを詰め込んでも、これまで以上ハイカーが予想する5倍の快適さを感じる事ができます。

FusionPackはハーネス部分とバッグ部分、別々に構成され1つの物としてデザインされています。ハーネス部分は快適さを、バッグ部分は実用性を考えられています。その2つの要素をFUSION(組み合わせ)させた万能なバックパックです。



普通のバックパックはヒップベルトの重要性については考えていませんが、これはヒップベルトが重要性を担っています。4カ所のウェビング ベルトにで固定される事により、そのポジションが動く事なくあなたの腰に合わせてフィットします。



背骨部分にあたるスパインからヒップベルトへ、均等にバックパックの重量を均等に拡散してくれます。ヒップベルトの外側は薄いプラスティックの層でできています。が、内側はクッションがついているので、固定されていながらも全体的にフレキシブルです。

サイズは3つあります。あなたにピッタリなサイズに合わせる事ができます。
2つの大きなポケットがついているので、カメラやスナッックなどを収納する事ができます。

注目すべきポイントは背骨部分のスパイン。ヒップベルトと同様、7オンスの薄いプラスティックシート、クッションフォームとアルミニウムの芯で構成されています。よくあるバックパックのフレームの様ではなく、スパインの付け根部分は4.5インチ、トップ部分は10インチと扇状に広がっています。

狭いスパイン部分は、パックと使用者の間のコンタクトゾーンに汗や熱がこもるのを減少させます。他のバックパックはこういった事を無視しているものも少なくありません。Fusion Packには、
コンプレッション ストラップがあり、それはスパインまでつながっている。これを引っ張る事でパックは体からはなれ、背中に空気の流れができます。

   
もう1つのユニークな点は、ヒップベルトはスパインの後ろを通りつながっています。したがってヒップベルトをしっかり締めると、重心が背中の中心により近くなり、つまりはスパインがより体に近くなることで、負荷の拡散となりヒップベルトの性能を大きくしています。

重量のテストをして25kgの物を詰め込んでも大丈夫。なのに快適でした。

ショルダー ストラップと3サイズのヒップベルトを使う事により、あなたにからだに最適な状態のフィット感を提供します。

このバックパックには2つの便利なポケットが両サイドに付いています。4-way strechの素材を使う事により強く摩耗しにくくなっています。

メインのパック部分は420D ハイ トナシティ ロビックでできており、以前の物より強化され耐久性があります。


Features:
    ・コンプレッション システムはポケットで妨げられる事はありません
    ・デュアル ハイドレイション ポーツ
    ・デュアル アイス アックス ループ
    ・ベアーキャニスターにも使える
    ・防水加工されたロールトップ
    ・強度性の高い縫い目
    ・420D ハイ トナシティ ロビック使用
    ・内側にはジッパーのついたポケット


Fusion 50  50L   重さ:1020g

Fusion 65       65L   重さ:1105g

RONのFusion Pack Review
イベント当日はより詳細なレビューを直接紹介してくれる予定です。
ビアパーティもお楽しみに。




今年はLUNA SOLOがアップデートされたり
SMDにとって新しいシーズンになる予感。楽しみが続きますよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿