2016/06/30

7月 岩本町店イベント"〜Lue〜 ShopinShop"


6月ももう終わり。
いよいよ夏へのカウントダウンですね。
Moonlightgear岩本町店では7/10より7月末まで約2週間
岡山の真鍮作家・菊池流架さんの作るブランド”Lue”の素敵なナイフやお皿など様々なラインナップをご覧いただけるSHOP in SHOPを展開します。




菊池さんの作る作品は
シンプルであるのですが細部のこだわりから
飽きずにずっと眺めていられて、長く使えるものがベースとなっているように思います。真鍮のやさしい雰囲気も魅力を倍増させています。



初日7/10にはUltrahevyでもおなじみの真鍮スプーンをつくる
ワークショップを行います。
菊池さん本人もいらっしゃいますのでファンの方は是非いろいろと質問などできるチャンス。
ワークショップ当日は数量限定ですが好きなイニシャルを買ったその場で刻印できる
サービスも展開する予定ですのでこちらも是非お楽しください。


7/10(日)開催。
LUEスペシャルワークショップイベント

■■■■■■■■■■■■■■

イベントその1

★オリジナルスプーンを作ってみよう!


真鍮の板を切り出し、叩きながら、形を整えてスプーンに仕上げて行くワークショップです。
世界でひとつだけのスプーンを自分でつくってみませんか?
完全予約制の 各回5名限定のイベントになります。
※約1時間のワークショップとなります。

予約はこちらから 11時からの回満員御礼 13時からの回→満員御礼


イベントその2

★Lue真鍮スポーク イニシャル刻印サービス


15時からUHで知られるあのスポークの柄なしバージョンをお買い求めの方限定で
好きなイニシャルをその場で入れられる企画を開催。こちらは50本限定です。
こちらをお買い求めの方は15時からご来店ください。


■■■■■■■■■■■■■■

7月末まで開催されるSHOP in Shopでは
普段なかなか見ることができないLueのスタンダードアイテムの販売もいたします。

素敵ですよね。全部欲しくなっちゃう。


真鍮のちょっと個性的なアイテムを山道具に忍ばせる。
それだけで少し山の景色が変わったりして。

是非この機会に実際にLueの道具たちを観てさわってもらえたらと思います。
ご来店お待ちしております。

2016/06/29

FASTPACKING2016 パッキング表公開




岩本町で行っていたFASTPACKING WEEKですが
様々なお客さんにご来店いただき質問などぶつけてもらったことで
我々も興味深い企画となりました。

今回イベントでは途中岩本町店常駐の服部によるトークイベントを行い
その中で彼の去年の北アルプスでのファストパッキングの装備を公開しました。
ちょうど私千代田も南アに最近軽量に攻めたパッキングで行ったこともあり
ここに二つのパッキングリストを記録として残したいと思います。
なにかの参考になれば幸いです。

ケース1 服部
北アルプス 夜中出発、1泊2日 時期 9月末
テーマ 夜間出発夜のうちに穂高の渋滞エリアを抜け、夜中の空中散歩を楽しむ

1日目 小梨平ー焼岳ー西穂ー奥穂ー涸沢ー北穂ー南岳ー槍ー殺生(テン泊)
2日目 殺生ー槍ー西岳ー大天井岳ー常念ー蝶が岳ー大滝山ー徳本峠ー小梨平 71Km





ケース2 千代田 
南アルプス 2泊3日 時期 6月中旬
テーマ アルプスでベースウエイト2.3kg 南ア荒川エリア100名山3峰制覇。

1日目 畑薙第一ダム-聖岳登山口-聖岳小屋
2日目   聖岳小屋-聖岳-兎岳-中盛丸山-百閒洞山-赤石岳避難小屋
3日目 赤石岳避難小屋-赤石小屋-椹島-聖岳登山口-畑薙第一ダム (荒川岳ルート断念)  55km


※軽量化のためにスカートを選んだが暴風雨に見舞われ実際には問題にはならなかったが
今回はパンツの選択が良いと思った。ヘリテージの90g台のやつなど愛用しているがそれを持っていくほうがよかった。
しかしグランドシート併用なので軽さの恩恵は大きかった。
あとラーメンはチタンペグを箸代わりにして食べたが食いづらかった笑 かっこつけたつもりだったが
次回はちゃんとスポークを持っていこうと思う。
あと実際はグローブを車にわすれ持って行かず。最終日は履いていたpoint6のステルスミニクルーを手袋代わりに
3000mの稜線を凌いだことをメモしておく。
また山行前日にポストした装備表から追加したのはより強い防水のためのパックライナーと夜間も行動するかもということでヘッドライトを明るいものに変更している。


服部は体力と走力があるのでやはり考えることが違う。
この工程を一泊二日で行っているのちょっと何かトンでいるとも思えるが
彼は走ること自体を中心にテーマを考えているのだろう。

この装備、この時期、服部は大体最低気温設定は-3〜-5℃くらいで想定しているのだろうが
自分がもしこのエリアにいくならもう少しインサレーションのダウンジャケットをフード付きの暖かいものにしたい。

また今回の南アルプスの千代田の設定は最低気温はだいたい5℃で考えての装備だ。

例えばよくfastpackingでいうとTJARの報告書に書かれている装備表が表に出てくることが多いが
選手の人たちは距離を稼ぐために睡眠は仮眠程度で一番冷える明け方は行動していることがおおく
そもそも快眠するための装備を選んでおらずレースのための装備品を選んでいることを忘れてはいけない。

我々のような普通の人は
夜しっかり寝たいのなら特に宿泊道具はあったかいものを選ぶことがセオリー。
まずは寒さの耐性を考えてもらった上でと山行のテーマを決めて
みなさんもそれぞれのFASTPACKNGスタイルを楽しんでもらえたらと思う。

2016/06/13

FASTPACKING WEEK 開催


FASTPACKING(ファストパッキング)

山で生きて行くための道具をすべて背負い
より速く、遠くへ進む山行スタイルであるFASTPACKING。

楽しむために何を持ち、山に行くのか?

装備を軽くすると、よりダイナミックに行動ができる。
装備を軽くすると、道具を使いこなす技量が必要になる。
装備を軽くした結果、凍える夜になるかもしれない。
装備を軽くした結果、より山を深く楽しめる?


道具の軽量化 と 安全マージン

どこまでいっても反比例する二つの関係。
歩くというシンプルな行為を超えて“走ってみる”という新たな欲求を満たすためにはウルトラライトの正攻法のTIPSを使って準備することが圧倒的に必要になります。

レインウエアはこれで充分か。
テントは自立か1ポールシェルターか。
はたまたツェルトかタープか。
そもそもこの寝袋で寝れるのか。
マットには限界温度設定があるのか。
ほんとうにお湯を沸かすシステムは必要か。
アルプスでワンポールテントは有効か?

あなたがこの夏楽しみたいFASTPACKINGスタイルはどんなものでしょうか?
この際なんでもご相談ください。

7月の連休を前に梅雨中のMoonlightgear岩本町店では集中的にこの問題を掘り下げスタッフ達のスタイルに合わせた装備リストや楽しみ方を紹介します。

今期の一押しのファストパッキングに使える道具をを厳選してフィッティングができるイベントを6月16(木)~27(日)にて開催します。

また後半にはファストパッキングの魅力を紐解く2つのトークショーを開催。


トークイベント《Vol,1》6/23(木)開催。

ハイク・ラン問わず山遊び全般を10数年楽しんできた岩本町店でおなじみ、常駐の服部による彼なりのファストパッキングの楽しみ方の提案のトークショー「How to Fastpacking 」
道具を背負って旅をするように山を走ることはどのような魅力があるのかをこれまでの様々な山での記録を振り返りながら語ります。


トークイベント《Vol,2》6/24(金)開催。
究極のファストパッキングともいえるマウンテンマラソンという競技の側面から魅力を紐解く「OMM / 山の総合力を試すということ」を開催。

わざと天候が荒れる時期に開催されるOMM.それはなぜなのか?
全天候に太刀打ちできる山の力とは?ファストパッキングに興味があるすべての方に聞いてもらいたい内容をOMMJAPANの小峯秀行が担当します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
FASTPACKING WEEK
日時 6月16(木)〜27(日)
場所 Moonlightgear 岩本町店
トークイベント《Vol,1》
6/23(木)  19:00〜21:00【How to Fastpacking 】講師 服部賢治(Moonlightgear)
予約:満員御礼 締め切りました
トークイベント《Vol,2》
6/24(金)  20:00~21:00【OMM 山の総合力を試すということ】 講師 小峯秀行(OMMJAPAN)
予約:満員御礼 締め切りました
トークイベント《Vol,3》←NEW!
6/24(金)  19:00~20:00【緊急開催OMMBIKEまで1ヶ月!公開準備MTG!】 講師 小峯秀行
予約:こちらから→

費用 :無料
定員:各回20名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Fastpackingというアクティビティのリアルな姿をこの機会にお伝えできれば。
Moonlightgear岩本町にて、ご来店お待ちしています。